logo_cof.jpgcof_03.jpgstore.jpgdetail.jpg 


cof_02.jpg

cof_01.jpg

「愚者の棺(ぐしゃのひつぎ)」はPolygonotes、6作目の作品となるカードゲームです。
思考と運の絶妙なバランス、それに伴うリプレイ性の高さをテーマに作りました。
ダークなタイトルとは裏腹に、ハプニング続出でワイワイ楽しめる手軽なパーティーゲームに仕上がっています。

太陽がもっとぺかぺかと輝いていた、いつか昔の話。
古き王の墓に金銀財宝が眠っていると聞き、駆けつけた冒険者たちがいました。
広く暗い墓の中には、まごうことなき金銀財宝!……と5人のいたずら好きなゴースト!?
空気と運を読んで、ゴーストたちに伺いを立て、時には力をうまく借りて、他の冒険者よりも先に金銀財宝を獲得しましょう!

 

 

logo_sodp.jpgsodp_03.jpgstore.jpgdetail.jpg 


sodp_02.jpg

sodp_01.jpg

「竜姫の咎(りゅうきのとが)」はPolygonotes、5作目の作品となるカードゲームです。
わずか5ラウンドで勝敗が決着するスピード感と、決着に至るまでの読み合いや探り合いに重点を置いた拡大再生産の楽しさをテーマに作りました。

太陽がもっとぺかぺかと輝いていた、いつか昔の話。竜姫と人との間に禁忌の子「咎」が生まれました。忌むべきそれは奈落の魔物達の大好物。そこで竜姫は自ら奈落へと堕ち、我が子を護ったのです。そして、永い時が経った今、魔の物と化した竜姫は「咎」 を求め奈落から這い上がろうとしています。「咎」を救うために残された時間は5日間 。竜姫を屠るため、総力を挙げて決戦に挑みましょう!

 

 

logo_sown.jpgsow_09.jpgstore.jpgdetail.jpg 


sown_02.fw.jpg

SoW2_01.jpg

「弱者の剣 新版」はPolygonotes初の作品「弱者の剣」のアップグレード版となるカードゲームです。
全イラストの刷新と、カードや外箱の品質向上、説明書の修正などを行いました。

太陽がもっとぺかぺかと輝いていた、いつか昔の話。 永い間、争いを続けている6つの王国がありました。 あなたは、その争いの渦中にいる1人の王様。呪われた「弱者の剣」の一振りで 強きを弱きへと覆し、どの王国よりも早く、この争いから抜け出しましょう!

 

 

logo_wob.jpgwob_03.jpgstore.jpgdetail.jpg 


wob_02.jpg

wob_01.jpg

「勇士の楔(ゆうしのくさび)」はPolygonotes、4作目の作品となるカードゲームです。

太陽がもっとぺかぺかと輝いていた、いつか昔の話。革命の日を前に、勇敢な勇士たちがどの陣営に参加するかを話し合っています。あなたは、その話し合いに参加している1人の勇士。周りの動向を窺いながら、ここぞと思う陣営の点数を密かにかき集め、誰よりも早く高らかに、勝利を宣言しましょう!

 

 

logo_sdc.jpgsdc_03.jpgstore.jpgdetail.jpg


sdc_02.jpg

sdc_01.jpg

「星竜の冠(せいりゅうのかんむり)」はPolygonotes、3作目の作品となるカードゲームです。

太陽がもっとぺかぺかと輝いていた、いつか昔の話。夜空に煌めく星々を喰らい、その輝きを鱗に纏う巨大な竜「星竜」がいました。その鱗は宝石と同じ価値を持つ「星貨」です。あなたは、星竜を追う、勇猛で勇敢な冒険者。多くの星貨を獲得するため、仲間と協力しながら、時には仲間を裏切りながら、強大な星竜と戦いましょう!

 

 

logo_for.jpgstore.jpgdetail.jpg


for_02.jpg

for_01.jpg

「逆臣の炎」はPolygonotes2作目の作品となるカードゲームです。

裏からでも表が分かってしまう「逆臣の炎」カードを使った「決心と疑心」がテーマとなっています

「弱者の剣」と世界観を共有しており、時系列的に過去が舞台となっています。

 

 

logo_sow.jpgdetail.jpgstore.jpg


sow_02.jpg

sow_01.jpg

「弱者の剣(じゃくしゃのつるぎ)」はPolygonotes初のカードゲームです。

数字と色だけを使った、簡単かつ奥の深い「逆転の駆け引き」がテーマとなっています。

思わず手に取りたくなる、ステンドグラス風の綺麗で暖かなデザインも特徴の一つです。